契約の方法。手順

トップ > 探し方・暮し方 > 香港での住宅探しの手順

香港の住宅、賃貸マンション探しの手順

1. 家賃など条件確認

香港で お部屋を探す際に、まずどんなお部屋をご希望か、条件をご自身で整理してみることをお勧めします。
家賃の予算上限は?
何月何日から契約開始できるかのか? (鍵をもらって家賃発生する日付)

基本的な希望条件に加え、眺めや設備、交通や買物便、日本人居住者の多少、日本語放送の視聴など、多くの要素があります。どうしてもゆずれないもの、妥協できるものなど順位を確かめておけば、選択が絞りやすいと思います。お部屋へのご希望・ご質問・資料請求など何なりとご相談下さい。
地図:地下鉄と不動産

2. 不動産見学の予約

見学ご希望の日付と時刻をお知らせください。
当社担当者が候補のお部屋をピックアップしお客様とご相談、オーナーとアポイントをとってスケジュールを組み立てます。当日にお待ち合わせし、スケジュールに沿ってお部屋の内見をします。

3. 現地見学

当社担当者と共にお部屋の見学をします。環境、眺望、内装の状態、家具の状態、間取り、家賃等を考慮してご判断ください。お部屋の写真撮影はオーナーの許可があれば大丈夫ですが、クラブハウス等の写真撮影は禁止です。

4. 申し込みと交渉

ご希望に適うお部屋がありましたら、申し込みをします。具体的な契約条件(家賃、家具・家電製品・内装のリクエスト、契約発生日、ビル管理費・不動産税の支払い負担など)の交渉に入ります。ご要望を担当者にお知らせ下さい。個々のご希望についてオーナーと交渉します。

5. 不動産賃貸契約

本契約をします。基本的に当社の専用契約書を使用しますが、リクエストにより指定の契約書を使う場合もあります。
本契約書2通に借主・オーナー双方がサインをし、保証金として家賃の2ヵ月分と1ヶ月分の前払家賃の金額をオーナーに支払います。その後に入居者・オーナー折半で香港政府への印紙税を払います。

6. 入居

現場にて、入居者、オーナー、弊社担当者3者立会いの下で入居手続きをします。
a)鍵の引き渡し
b)電気、ガス、水道のメーターの確認(その日以降の支払いとなります)
c)家具リストに記載された家具の確認
d) 部屋のコンディション確認と家具・家電などの使い方説明

7. 契約、賃貸期間

2年間の途中で転勤などで途中解約、2年間の契約満了で退去、満了後契約更新
この三つの可能性があります。

7-1 途中解約

退去する日が決まり次第、解約通知をオーナーに送ります。(解約の予告期限は本契約書に記載されています) 解約通知にはお部屋の住所、退去する日付と退去する旨を書き、サインしたものを郵送(書留郵便)オーナーに送ります。法人契約の場合、会社のレターヘッドを使用し、サインの場所にカンパニーチョップが必要です。

7-2 契約満了

契約が満了し、入居者・オーナー双方または一方が契約の更新を望まなければ契約終了・退去となります。この場合、解約通知は必要ありません。オーナーと連絡をとりあい、鍵の返却日(退去日)を決めます。

7-3 契約更新

弊社にお電話ください。、不動産契約条件の全面的な見直しもリクエスト可能です。
オーナーに交渉し双方合意の結果の契約書を新たに作り、印紙税納付
新たに2年間の弊社のアフターサービスが継続されます。
旧保証金は新契約に移管されます。

8. 退去

解約通知に書き込んだ契約終了日までに都合の良い日時を決め、退去の手続きを行います。
a)鍵の確認と返却
b)家具リストに記載された家具の確認と返却
c)部屋のコンディション確認
d)電気・水道・ガスのメーター確認と精算
e)居住者カードがある場合はカードの返却

9. 保証金の返還

退去の手続きが終了しましたらオーナーより敷金の返却をしてもらいます。
通常の破損や磨耗程度なら問題ありませんが、お部屋がひどく汚れている、家具が壊れていた、などのケースでは敷金から補修費用が引かれる理由となります。