香港のアパート、マンション・家賃、売買価格、賃貸価格、相場の推移

トップ > 探し方・暮し方 > 香港の不動産市場、価格、家賃相場の推移

香港の不動産市場、価格、家賃、相場の推移

香港の不動産、住宅用に関して過去から現在へのの価格推移です。

マンションの取引価格と家賃

下の表は2007年から2017年前半までの不動産売買価格です。マンション売買価格の変化を表現しています。(Link to eprc ltd)
2004年から不動産の高騰が続いておりますが、中国からの移民などで今なお大きな実需があり、新築物件が完売し続けている状況です。香港の不動産は日本と違い、土地の所有権はありません。香港政府からの借地権が設定されます。その土地の賃貸料金ははとても高いため、不動産売買契約実数のほとんどは区分所有マンション、つまり分譲マンションの売買が、不動産取引実数のほとんどを占めます。表は売買成立価格を基にマンションの広さ、平方フィート対香港ドル単価として表現されたものですが、賃貸されるマンションの家賃の場合は、若干遅れて売買と似たような曲線を描くのが、賃貸マンションの家賃の特徴です。
左が香港全体の一般マンション、右が香港の各地域を代表するグレードの高い大型マンションで日本人が多く住んでいます。

上の メニュー、不動産賃貸情報ボタンからは、各マンションの家賃や賃貸条件、事務所、店舗オフィスの募集例が選べますのでご参照ください。
尚、香港の住宅、賃貸マンションの場合、このサイトに賃貸情報として記載の家賃、そのほとんどが管理費と税金が込みで表示されています。更に、家主さんからの提示家賃で表示していますので、実際の賃貸契約した家賃に関しては交渉と合意により、その提示家賃をを下回る例が多くあります。
香港の不動産、賃貸と売買の募集の実数に関しては、その総数が大変多いため、ここの記載は抜粋です。マンション名を指定しての具体的な広さ、家賃など賃貸募集の資料、あるいは不動産購入、投資情報はすぐに作成可能ですので是非お問合せください。